2006年05月26日

パスポート申請終了。

新横浜から横浜線と京浜東北線を乗り継いで川崎ソリッドスクエアに向かう。

2Fのパスポートセンターで申請した。
必要なものは
らんらんの住民票と戸籍謄本、顔写真、代理人であるだおふーのパスポートと健康保険証、返信連絡用はがき。

パスポートセンターの隣にははがきも売ってるし、写真も撮ってもらえる。
住民票と戸籍謄本と身分証明書さえあればパスポートは申請できるということね。
12歳未満の場合、手数料は6000円。
本来パスポート申請書は本人が書かなければならないが、乳児のように代筆が必要な者は親が代わって書くこともできる。
ただし、申請書の裏に ”○○代筆” と書き、代筆した人の名前も書かなければならない。当然、代筆した者の身分証明書も必要になる(2つ以上)。

それかららんらんの名前について1つ問題があった。
現代の中国語は発音記号にアルファベット("pinyin"=ピンインという)を使う。
らんらんの場合、漢字で書くと「蘭蘭」なのだけど、発音を他人に説明するときは「lan lan」と書く。
だけどパスポートに書く発音は基本的にヘボン式ローマ字でなければならないそうだ。
つまり「ran ran」となる。
ヘボン式ローマ字以外の発音の記述を希望する場合は他国政府機関の発行した証明書が必要になるそうだ。だおふーは面倒なので「ran ran」で書いた。

ちなみにパスポートは5年と10年の2種類があって、手数料も変わる。
でも20歳以下の子供は5年パスポートしか申請できない。
そりゃそうだ。顔変わるから本人確認用写真が役立たないもん。


さて、川崎ソリッドスクエアはだおふーが以前働いていた会社も入ってる。
ちょうど昼食の時間なので、お世話になった上司を昼食に誘ってみた。
かなり忙しいようだったがビックカメラのあるDiceビルのレストラン街でラーメンを一緒に食べることにした。
上司は昨年11月に脳梗塞で入院したと言う。たしかにストレスの溜まる仕事なのだけど体の弱い人ではなかったので驚いた。
痛風で足引きずりながら油こってりラーメン食べてる場合じゃないなあ。
【関連する記事】
posted by じゃんぴん & だおふー at 14:00| 大連 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
パスポート申請で川崎ソリッドスクエアは懐かしい。それにしても痛風とは・・・。娘さんをお風呂に入れる仕事もあるし頑張らないとね。
Posted by m・いるか at 2006年05月27日 07:37
m・いるかさん、こんにちは。
痛風の原因は30歳過ぎてから急激に太ったからなのですが、日本に来てから妊婦であるじゃんぴんにおいしいものを食べさせてあげたいと思っていろいろ料理しているうちに私のほうがさらに太ってしまいました。

脅威のダイエットでもしてじゃんぴんと私の父母を驚かしてやろう・・と考えています。
まだ考えるだけですが。
Posted by だおふー at 2006年05月29日 00:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック