2008年09月13日

アイスが大好き

080913_1636.jpg080913_1636~002.jpg

美味しい!(^q^)


じゃんぴん
posted by じゃんぴん & だおふー at 18:44| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 異文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月08日

るるねえちゃん

照片 0005.jpg照片 0002.jpg
るるねえちゃんは滑り台が大好きです♪^^


じゃんぴん
posted by じゃんぴん & だおふー at 13:34| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 異文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月26日

ひなまつりケーキ

SA410002.jpgひなまつりの日、ともおじさん(パパの弟)が作ってくれたひなまつりケーキで
す!^−^
posted by じゃんぴん & だおふー at 17:44| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 異文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月21日

るるねえちゃん

画像-0020.jpg照片0003.jpg半年ぐらい、るるねえちゃんに会ってないだね。いつ大連に行くかな〜
posted by じゃんぴん & だおふー at 14:17| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 異文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月10日

壱くんと公園で遊ぶ

SA410155.jpgSA410154.jpg
posted by じゃんぴん & だおふー at 23:25| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 異文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月12日

ルルのパパとママの結婚式写真

04110005_320.jpgルルのママは私の二番目の妹です。
三年前に結婚されました。義理の弟は中国人です。
中国の場合は、結婚式の時にたくさん写真を撮ります。
二十枚〜三十枚くらいかな。こんな感じの写真ですね。
posted by じゃんぴん & だおふー at 01:28| 大連 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 異文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月21日

健康保険

中国には国民健康保険(中国だと人民健康保険かしら?)がない。
会社に勤めている人には、社会保険に入らせてくれるところもある。

この社会保険というのが驚かされる。
・病院指定
・病気・怪我の種類指定

なんじゃそら。
遠出して具合が悪くなったらまず帰って来いということ?


じゃんぴんは以前会社に勤めている間は会社側で社会保険を用意してくれた。
でも今は退職して主婦だから保険なし。

だおふーとらんらんは国民健康保険に入っている。
だおふーは7割が保険適用できるし、5歳以下のらんらんは横浜市がさらに3割適用してくれるので実質無料。

日本の保険制度にじゃんぴんは感動した模様。

日本の政府は日本国民が大切なのね。

そうよ。世界中どこでも国が国民を守ると保障しなければみんな政府についていかないわよ。
中国には人民がいるけど国民がいないのね。守るべき人がいないのね。
posted by じゃんぴん & だおふー at 21:41| 大連 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 異文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月06日

エレベーターとベビーカー

新横浜プリンスペペの中のユニクロに買い物に行った。
だおふーがますます太ったのでもっと大きなパンツとシャツが必要になったのだ。

エレベーターの前で待っているのだが、人手が多くてなかなかエレベーターに乗れない。GWだから家族連れが多いし、中でも同じようにベビーカーで子供を連れて来た人が多い。3回目でやっと乗れた。

目的のものを買ってすぐに帰る。

じゃんぴんはエレベーターの乗り降りで感心したらしい。

中国ではエレベーターのドアが開くとすぐにみんな乗ろうとするでしょう?
降りるのが大変。
日本はみんな降りてから乗ろうとするでしょう?ドアの近くに乗っている人は他の人のために必ず一度降りるしね。
今日はベビーカーたくさん見た。
中国も休みの日は人がたくさんいるけど、ベビーカーで赤ちゃんを連れ出す人はほとんどいないでしょう?みんなぶつかってくるから危ないからよ。
ベビーカーは日本と同じようにどこでも売ってるのにね。


あなたが”なんでも感心すること”に私は感心しますよ。
じゃんぴんみたいに”気づいた人”の良心もすぐにかき消されてしまうくらいの人口の多さが中国の不幸かもねえ。
posted by じゃんぴん & だおふー at 01:00| 大連 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 異文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月04日

日本人の余裕

子供のころに学校で教えることがちがうの。
中国人は日本人みたいにたくさんありがとうって言わない。
大人が言わないから子供も言わない。
日本人は人間に対してだけじゃなくて自然に対しても感謝してる。
どの家もお庭に木や花があってきれいな石もあるでしょう?
中国人にはこんな余裕はないのよ。


じゃんぴんが買い物の帰りにベビーカーを押しながら話したこと。
おっとりとした性格に見えるけど、実はいろいろ観察しているなあ。
posted by じゃんぴん & だおふー at 13:35| 大連 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 異文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月03日

我が家の食事

だおふーはあまり好き嫌いがありません。食べられないのはイクラだけです。
中国に行けばザリガニも食べるし蚕もなんとか食べちゃいます。

中国では特にじゃんぴんのママが作る豚の角煮や水餃子、義弟のやんふぁーよう(にばんめの旦那さん)がつくる煮魚なんかが大好きです。

じゃんぴんと結婚する前は、自分で作るときはイタリア料理が多かったのだけど、じゃんぴんがパスタあまり好きではないのでほとんど食べなくなりました。


じゃんぴんは日本の料理が大好きです。
特に昆布だしや鰹だしの煮物、焼き魚、刺身が大好き。
嫌いなものはイクラ(なぜかこれだけ共通)、てんぷら等の揚げ物。


さて、問題は「誰が作るか」なのですが・・
基本的にじゃんぴんは「餃子以外の中華料理をつくった経験がない」のです。

だから結婚してからだおふーが料理を教えたのですが、だおふーが作れるのは和・洋・伊+和風中華(中華丼とか冷やし中華などの偽中華)なので、
「我が家には餃子以外の中華料理はない」のです。

ちなみにじゃんぴんはかなり料理のセンスがあります。
一度教えた味を完璧に再現します。
得意なのは、肉じゃが、カレー、クリームシチュー、肉野菜炒め、ピーマンの肉詰め、ロールキャベツ、味噌汁、お吸い物、野菜の一夜漬け・・はっきり言って一度覚えたらだおふーよりも味が安定してて上手です。

ちなみにほとんどの中国人が「気持ち悪くて食べられない!」というお茶漬けも大好物です。

「中国料理は脂っこくて嫌い!」
あなた、今までどうやって生きてきたの・・・?
posted by じゃんぴん & だおふー at 12:34| 大連 | Comment(0) | TrackBack(0) | 異文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月02日

心は昔話で作られる

中国人向けの日本語の教科書はいろいろある。(需要あるからだろうね)

そのほとんどに載っているのが「鶴の恩返し(鶴女房)」

だおふーは日本語を勉強している中国人にたくさん会ったけど、みんなこの話を知ってる。

で、感想を聞くと
「もっと機を織らせればたくさん儲けられたのに」
「夫婦の約束は守らなければいけない」
とか、こんな感じ。

だおふーとしては、「それはちがうだろー」と言いたくなる。

お互いに望まない結果になってしまうことがある。
しかもその原因が自分の行動にあるなら悲しくやるせない気持ちになる。
悲劇は悲しみを感じられる心を自覚できればそれでよいのであって、そこから何か教訓を学ぶかは別の問題でしょう?


じゃんぴんに聞いてみたら
「面白いね♪」
あ、そう・・・。




「でも中国の教科書に載っているお話はつまらないのよ。悪い人に良い人がだまされてしまって終わり。先生も”だまされないようにしましょう”っていうの。」

そうか。どこの国にも昔話はあるけど教育の仕方がちがうのね。
確かに中国の昔話は”出来が悪い”。
日本人が聞いても「・・・で?」と思うような話ばっかり。
日本の昔話は聞くだけでいい。
聞いて何かを心で感じればいいのよ。そうして自然と心が作られる。

じゃんぴんに「かさじぞう」を読ませたいなぁ。
posted by じゃんぴん & だおふー at 11:52| 大連 | Comment(0) | TrackBack(0) | 異文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月01日

中国に一番必要な人は誰?

以前、じゃんぴんと話したこと。

だおふーは仕事においては細かい人間なので、トラブルの対処方法には細心の注意をはらう。
悪い前例とならないように些細なことでもキッチリ理由付けをして文章で残さないと気がすまない。

中国ではそんな人間が少ない(いないとは言わないが・・)ので、当然「ウルサイ奴」として扱われている。
じゃんぴんに仕事のことでいろいろ相談すると、
「気にしすぎるのよ。中国人はそんなにで考える人いないのよ。」
と言われることが多い。

でも、だからこそ、そういう存在が貴重なんだと思う。
衝動で生きてる人ばかりでは社会は機能しないもの。


今の中国で一番必要とされている人は、
・賄賂の誘惑に負けない
・女性の誘惑に負けない
・弱い人のために力を使って、自分のことは後回し
・自分も含めて公平にルールをつくる

こういう人だと思う。つまり「中国式」の仕事をしない人。
だおふーはどこまでできるかわからないけど、絶対に中国式には染まりたくないと思っている。


「中国共産党の政治家は全部逆だね。」
というと、じゃんぴんは

「小泉総理が中国の総理大臣になればいいのよ。」

いい案だと思った。
スキャンダルのない頑固政治家がいいね。中国のみんなは嫌がるだろうけど・・わーい(嬉しい顔)
posted by じゃんぴん & だおふー at 10:59| 大連 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 異文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月26日

赤さん?

2番目とじゃんぴんがYahooメッセンジャーで日本語チャットをしてたときのこと。

「赤さんはどうですか?」

赤さんは誰?


”赤ちゃん”の敬語は”赤さん”だと思った模様。
姉の子供だから敬語を使うべきと判断したのだろうけど・・新鮮だ。
posted by じゃんぴん & だおふー at 00:06| 大連 | Comment(0) | TrackBack(0) | 異文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする